10年後の肌のために、いまできること。

科学の力でもっと美肌へ 最先端のスキンケアシステムを仙台で初採用!

院長紹介

院長紹介

当院院長のご紹介

 

Dr T 1.jpg

 

院長 戸澤 雅彦(とざわ まさひこ)

 

プロフィール

医師。医学博士。東京生まれ。琉球大学医学部医学科卒業後、琉球大学医学部付属病院臨床研修終了、琉球大学医学部にて高血圧、腎臓病の研究に従事。ドイツ、 ハイデルベルク大学への留学、琉球大学医学部講師、東京の透析クリニック院長を歴任。
一方、近年、専門クリニックにて、アンチエイジング医療、一般皮膚科、美容皮膚科診療にも従事し、2009年11月とざわクリニックを東仙台に開院。

 

専門医

日本内科学会:認定内科医

日本腎臓学会:認定専門医

日本高血圧学会:認定専門医

日本抗加齢医学会:専門医


所属学会

日本内科学会
日本腎臓学会
日本高血圧学会
日本循環器学会
日本性感染症学会
日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本抗加齢医学会
日本統合医療学会
World Society of Anti-Aging Medicine


受賞歴

平成13年, 第23回沖縄研究奨励賞 
「沖縄県における高血圧腎臓病の疫学」

 

受賞論文

1. Tozawa M, Oshiro S, Iseki C, Sesoko S, Higashiuesato Y,Tana T, Ikemiya Y, Iseki K, Fukiyama K. Multiple riskfactor clustering of hypertension in a screened cohort. J Hypertens 18:1379 -1385, 2000.
2. Tozawa M, Iseki K, Iseki C, Takishita S. Pulse pressure and risk of total mortality and cardiovascular events in patients on chronic hemodialysis. Kidney Int 61: 717-726, 2002.

 

主な論文・著作

1. Tozawa M, Oshiro S, Iseki C, Sesoko S, Higashiuesato Y,Tana T, Ikemiya Y, Iseki K, Fukiyama K. Multiple riskfactor clustering of hypertension in a screened cohort. J Hypertens 18:1379 -1385, 2000.
2. Tozawa M, Iseki K, Iseki C, Takishita S. Pulse pressure and risk of total mortality and cardiovascular events in patients on chronic hemodialysis. Kidney Int 61: 717-726, 2002.
3. Tozawa M, Iseki K, Iseki C, Oshiro S, Ikemiya Y, Takishita S. Influence of smoking and obesity on the development of proteinuria. Kidney Int 62: 956-962, 2002.
4. Tozawa M, Iseki K, Iseki C, Oshiro S, Ikemiya Y, Takishita S. Triglycrides, but not total cholesterol or low-density lipoprotein cholesterol levels, predict development of proteinuria. Kidney Int 62:1743-1749, 2002.
5. Tozawa M, Iseki K, Iseki C, Oshiro S, Yamazato M, Higashiuesato Y, Tomiyama N, Tana T, Ikemiya Y, Takishita S. Evidence for elevated pulse pressure in patients on chronic hemodialysis-- a case-control study. Kidney Int 62:2195-2201, 2002.
6. Tozawa M, Iseki K, Iseki C, Kinjo K, Ikemiya Y, Takishita S. Blood pressure predicts risk of developing end-stage renal disease in men and women. Hypertension 41:1341-1345, 2003.
7. Tozawa M, Iseki C, Tokashiki K, Chinen S, Kohagura K, Kinjo K, Takishita S, Iseki K. Metabolic syndrome and risk of developing chronic kidney disease in Japanese adults. Hypertension Res 30: 937-943, 2007
8. 戸澤雅彦,柊山幸志郎.高血圧緊急症とCa拮抗薬.猿田享男,日和田邦男,荻原俊男 編集,Ca拮抗薬のすべて 第2版.先端医学社, 東京, 1999, pp 186-191.
9. 戸澤雅彦.肥満に伴う糸球体病変.Medical Practice. 21 (5): 757-760, 2004
10. 戸澤雅彦.保存期腎不全の病態と治療・予後(1)高血圧.臨床透析 20(6): 641-648, 2004
 No.6は日本で最も定評のある内科学の教科書である「朝倉書店 内科学 第9版(2007)」に引用された。
 No.3,6は日本の高血圧治療のガイドラインである「日本高血圧学会編 日本高血圧治療ガイドライン(2004)」に、
 No.2,3,6は「日本高血圧学会編 日本高血圧治療ガイドライン(2009)」および、「日本腎臓学会編 エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2009」に引用された。


tozawa_logo.gif