皮膚科 Dermatology

皮膚科について

皮膚は身体を包み込み、内外の環境に対応しながら絶えず変化する重要な器官。内臓の問題が皮膚に表れることもあり、「皮膚は内臓の鏡」とも言えます。皮膚科は外的・内的な要因や加齢など様々な要素を考慮し、健康状態と総合的にアプローチする診療科であり、当院では患者の立場に立ち、高品質な治療を提供しています。

当院における診療

  • にきび

    ニキビは思春期にできる「思春期ニキビ」と、それ以降の「大人ニキビ(思春期後ざ瘡)」に分類されます。思春期ニキビはおでこを中心に広がり、大人ニキビは主に顔や背中、胸などに現れます。適切な治療やスキンケアを年齢や症状に合わせて行うことが、ニキビの跡を防ぐ重要なポイントです。
    当クリニックでは保険治療も行なっておりますが、ニキビ治療の自由診療も行っております。ご希望であれば看護師による洗顔指導やその方に合ったホームケアなども提案させていただきます。
    是非お気軽にご相談ください。

  • 湿疹

    湿疹は皮膚の炎症で、赤みやブツブツ、水ぶくれ、そしてかゆみなどの症状を伴います。どんな年齢層にも見られる病気ですが、症状の様相や原因、痛みやかゆみの程度は様々です。

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持つ人が皮ふの乾燥と強いかゆみを伴う湿疹を引き起こす皮膚の病気です。多くの場合、小児期に発症し、症状は軽減と増悪を繰り返します。成人後にも継続する場合が多いです。治療には内服とステロイドの軟膏や皮膚の保湿が重要です。

  • じんましん

    じんましん(蕁麻疹)は、アレルギー反応により赤く膨らむ発疹で、かゆみを伴います。一般的には1日で消えることが多いですが、慢性的な場合もあります。原因はわかりにくく、食べ物や薬や花粉、感染症が関係することがあります。主な治療法は、抗ヒスタミン薬の内服や外用です。程度により注射や内服薬の追加を行います。早めの治療が慢性化を防ぐポイントです。

  • イボ

    イボはウイルス性のものやそうでないものが様々あり、治療も異なります。手、足、顔や首に気になるできものができたらすぐに受診しましょう。当院では、液体窒素による冷凍凝固療法や内服治療を行っています。

  • ウオノメ・タコ

    タコは角質が厚くなってできるもので、ウオノメと同じ原因から生じます。ウオノメに比べ、タコには芯がないため痛みが少ないことが一般的です。ただし、圧迫されると痛みが出ることもあり、放置すると症状が悪化する可能性があります。歩行時に痛みを感じることで受診される患者さんも多いです。また、時にイボとの鑑別が必要なこともあります。表面の硬い角質を削る治療を行います。

  • 帯状疱疹

    帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)が再活性化し、体の片側にピリピリした痛みを伴う水ぶくれが出現する病気です。日本人では9割の人が、水疱瘡のウイルスを持っていると言われています。それが、自分の免疫力が下がったときに暴れだし、水疱性発疹と神経痛を起こします。早めの治療が必要です。予防のためのワクチンも取り扱ってあります。

  • ヘルペス

    皮膚や粘膜に感染する病気で、単純ヘルペスウイルスによって引き起こされます。直接的な接触だけでなく、ウイルスがついたタオルや共有のグラスなど、間接的な接触でも感染することがあります。

  • とびひ

    とびびは皮膚感染症で、黄色ブドウ球菌や溶連菌などの細菌感染によって発症します。虫刺されやあせをかいたり、小さな傷ができることで細菌が侵入し、感染が広がります。抗菌薬での活疰が必要です。

  • 虫さされ

    虫に刺されたり吸血されたりすると、局所的な発赤、腫れ、かゆみなどの症状が出ます。また毛虫の毛に触れることで毛虫皮膚炎が起こります。

  • アレルギー

    特定の花粉、ハウスダスト、食物などのアレルゲンに反応して、かゆみや皮膚の赤みが起こることがあります。その症状がある方はぜひ当院にご相談ください。

  • 乾燥肌

    乾燥肌は、通常よりも皮膚の水分量や皮脂が不足し、皮膚のバリア機能が低下した状態です。その症状がある方はぜひ当院にご相談ください。

  • 水虫・爪水虫

    主に足に見られることが多いです。指の間の皮膚が剥けたり白くふやけたりする症状がよく見られ、痒みもあります。踵の水虫ではほとんど痒みがありませんが、皮ふが厚く硬くなっていることがあります。爪水虫では爪が厚くなり、白から黄色に変色します。

  • 性病

    性感染症(STD)は性行為によって広まり、30以上の微生物が関与しています。症状には性器にできもの、排尿時の痛み、異常な分泌物、血のついた下着、パートナーの感染報告、陰部のかゆみなどがあります。これらの症状が見られた場合は、早めの受診が必要です。当院では性感染症の診察は男性のみを受け付けており、女性は婦人科の受診をお勧めします。

  • 保険でできるあざのレーザー治療

    当院ではピコレーザー・エンライトンSRによる保険でできるあざ治療を行っています。保険できるあざ治療は1. 太田母斑、2. 異所性蒙古斑、3. 外傷性色素沈着症が対象となります。
    ※紫外線でできたシミや肝斑などは保険診療の対象にはなりません。
    ※初診時、医師の診断により適応を決めさせていただきます。

  • AGA(薄毛・抜け毛)

    思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。これは遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになることがあります。症状が気になる場合は、ぜひご相談ください。

  • メディカル育毛

    当院では、一般的な内服薬や外用薬にプラスし、痛みの無い軽皮導入機「メソナJ」「ダーマペン4」によるメソセラピーを併用することにより有効成分をしっかり届けて育毛効果を高めます。メディカル・エステティックサイトで詳細をご案内します。

Reservation

予約

1F 内科・皮膚科・点滴療法

予約なしでも受診できます。
現在37.5℃以上の発熱のある方は
来院前にお電話ください。

2F メディカル・エステティックの
予約(完全予約制)

メディカル・エステティックは
お客様一人ひとりに寄り添った施術を提供するため
完全予約制となっております。